これから始めるPCゲーム! どれぐらいのスペックが必要?【2017年5月編】




PUBGこと「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」という、一般のユーザーへの訴求率の高いタイトルが登場したこともあってか、にわかに注目を浴びつつあるPCゲーム環境。しかしながら、これが初めてという場合、どんなスペックのものを買っていいのかさっぱりわからないという人もいるだろう。

そこで、簡易的ではあるが、筆者の独断と偏見でオススメをご紹介していきたいと思う。もちろん、お金をに糸目を付けずにスペックだけを追い求めれば、それなりのマシンが手に入るのは当たり前のことだ。そこで今回は、あえて入門編としてはこれぐらいのスペックのものがいいのではないか? というラインでピックアップしてみた。

ゲーミングPCで注視すべきポイントはGPU→CPU→SSD

10数年前までならな、パソコンの性能を決定づけていたのはなんといっても「CPU」だった。しかし、昨今はCPUの性能も頭打ちになり、PCゲームに関しては「GPU」のほうが重要なアイテムとなっている。まず初めの段階で、GPU(グラフィックカード)を決めて、予算に合わせてCPUやその他のオプションを選んでいくようにするといいだろう。

GPUのオススメは「Nvidia GeForce GTX 1060」

昨年発表された、Nvidia Pascal採用のグラフィックカード。1050(下位バージョンも登場予定?)から1080TiやTITAN Xなど、超が付くハイエンドな性能を備えているものまで、様々なラインアップが用意されている。

しかしながら、上位はグラフィックカードの値段だけで10万円を超えるなど、そうそう手に入れやすいものではない。そこでオススメなのが、「GeForce GTX 1060」だ。このラフィックカードを基準に予算によって、さらに上位の1070などを狙ってみるのももちろんありである。

1060ほどのスペックがあれば、当分はPCゲーム関しては不満は出ることがないだろう。また、1060以上はVR対応の認定(VR Ready)がついており、VRコンテンツを楽しみたいといったときにもおすすめである。

CPUのオススメは「インテル Core i7-7700」

グラフィックカードの次に、性能と予算のウエイトをしめるのが「CPU」だ。最近はAMDが「Ryzen 7」を発売してインテルの牙城を崩しに来たかと思えば、すかさずインテルから新たに「Core i9」シリーズが発表されるなど、またまた群雄割拠の様相となりつつある。

今回筆者がオススメなのは、現状でハイエンドよりのスペックを持つ「インテル Core i7-7700」である。上記の「Nvidia GeForce GTX 1060」と「インテル Core i7-7700」を搭載したショップブランドのマシンを探してみると、概ね9万円台~12万円台といった感じになっていそうだ。

●GALLERIA XJ 123,980円(税別)

3つめにこだわりたいポイントはSSD

GPUとCPUが決まれば、ほぼPCのスペックは決まったようなものだ。次にこだわりたいのは、記憶メディアとしてSSDかHDD(ハードディスク)を搭載しているかというところだろう。SSDはメモリーを利用した記憶媒体で、高速にアクセスできるのが特徴だ。その反面、容量が少なく高価になってしまっている。HDDは、昔からある磁気ディスクにデータを読み書きしていくタイプの記憶媒体だ。物理的な機械の動作が入るため速度はSSDに遠く及ばないが、大容量のものを比較的安価に手に入れられるという特徴を持つ。

つまり、ウィンドウズや一部のゲームのみメインのSSDに入れており、画像や音楽、さほどアクセス頻度が高くないゲームやソフトウェアなどはHDD側に入れるといった使い方をすると、効率的となる。

最近のゲーミングPCなどは、たいていSSDとHDDを搭載している場合が多いので、そこら辺もチェックしておくといいだろう。

「Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP」(17,484円(税込))

FPSをするならば144hzモニター

ゲーム中のフレームレート数が、そのままパフォーマンスに影響してくるFPSなどを遊ぶときは、120hzや144Hzといった液晶ディスプレイが欲しくなってくる。もし予算に余裕があるならば、こちらも検討しておくといいだろう。

「BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411 24インチ/フルHD/144Hz/1ms」(29,800円(税込))

拡張性も考えるならば、大きめのケースのものを選ぼう!

最近売られているショップブランドのゲーミングPCの中には、コンパクトさを売りにしているものもある。たしかにそれらは便利ではあるが、将来的にパーツを自分で変更したくなった場合にネックとなってしまう部分でもある。そのため、できる限り大きいサイズのケースのものを選んでおいた方が無難である。

これら以外にも、キーボードやマウス、ヘッドセットなどゲームを快適にプレイする上でこだわっていくポイントはいくつもある。しかし、まずはこれから購入するという場合は、上記のような点に注意すれば間違いは無いはずだ。

■ドスパラ GALLERIA
http://www.dospara.co.jp/5gamepc/

■G-Tune
http://www.g-tune.jp/

■パソコン工房
https://www.pc-koubou.jp/pc/game.php

■FRONTIER
http://www.frontier-direct.jp/contents/fair/game/

■TUKUMO G-GEAR
http://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/game/

■DELL ALIENWARE
http://www1.jp.dell.com/content/topics/segtopic.aspx/misc/alienware_deals6?c=jp&cs=jpdhs1&l=ja&s=dhs

■ark
https://www.ark-pc.co.jp/bto/gaming/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です