「コジマプロダクション」所属のアートディレクター・新川 洋司氏が母校の京都精華大学で12月21日(木)に特別講義を開催




京都精華大学は、ゲーム制作スタジオ「コジマプロダクション」に所属するアートディレクター・新川 洋司氏を特別講師に招き、公開授業「新川 洋司が考えるゲームにおけるキャラクターデザインとは」を12月21日(木)に開催する。


(以下、プレスリリースより)

母校の京都精華大学を卒業後、世界を舞台に活躍する新川氏から、世界中のファンを魅了するキャラクターデザインの考え方を学ぶ。ゲーム業界志望者が多く、グラフィッカーを多数輩出している同学で、学生たちの憧れの存在である新川氏がどんな授業をしてくれるのか、楽しみだ。

新川 洋司(しんかわ ようじ)

アートディレクター。1994年美術学部洋画専門分野卒業。同年にKONAMIに入社。『メタルギア ソリッド』シリーズのキャラクターや背景、メカニカルデザインなど、アート全体を統括。2015年に同社を退社し、現在は小島 秀夫氏が設立した新スタジオ、コジマプロダクションに所属。同スタジオの最新作『デス・ストランディング』においてもアートディレクションを手掛けている。

授業情報

日程 :2017年12月21日(木)
時間 :18:00~19:30
場所 :京都精華大学 本館3階H-303講義室
参加費:参加無料、申込不要
※在学生が優先となりますので、入場をお断りする場合があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です