【ゲームアーカイブ】オリジナルの無人型ロボットをプログラミングし戦う戦略シミュレーションゲーム『ゼウス カルネージハートセカンド』




プレイステーションで発売され、人気を博した戦略シミュレーションゲーム『ゼウス カルネージハートセカンド』のPC版が、1999年12月17日にアートディンクより発売された。このゲームは、OKE(Over Kill Engine)と呼ばれる無人型のロボットをプログラミングし、戦闘するといった思考タイプの作品である。

ゲームはストーリー仕立てになっており、プレーヤーの操る主人公が8ヵ月の訓練を受けるところからスタートする。序盤の訓練期間では、ゲームの基本となるOKEのセッティングの仕方を学ぶことができる。特に難しいといったことはなく、説明書を見ずにゲームを進めても問題はないぐらいである。

OKEのセットアップに思わず熱中

このゲームの最大の魅力は、時機のOKEのセットアップだ。機体やCPU、搭載する武器などはもちろんのこと、ゲームを進めていくうちにソフトウェアライセンス3級を取得することにより、OKEの思考プログラミングまで行えるようになるのである。機体の組み合わせもいろいろあり、個々に搭載可能な重量も決まっている。当然ながら、いろいろな機能を詰め込みぎると機体は重くなり、戦場では格好の的となってしまう。逆に軽い機体は戦場で素早く移動することが可能だが、火力や装甲がもろいなどの弱点が多くなってしまうのである。

これらのバランスを考慮し、よりより機体のセッティングをいかにして見つけるか? というのがプレーヤーの腕の見せ所というわけだ。さらに、オマケとしてOKEに張り付けるマークまで自作することが可能。自分のマークや機体カラーを塗り分けることにより、より愛着が沸いてくるのである。

PC版ならではのメールを利用した対戦も可能!

今回、ウィンドウズへの移植にあたり、追加された機能がある。それがメールを利用した友人との対戦である。これは、メールでお互いのOKEデータを送り、それぞれのマシンで結果を見られるというもので、リアルタイム性を要求されない、戦略シミュレーションならではの機能といえよう。

また、アートディンクのホームページより、OKEの追加データも入集可能だ。また、ここではユーザー同士の情報交換もBBSで盛んに行われている。もし、このゲームを購入してわからないことがあったり、対戦相手を見つけたいと思ったなら、一度訪れてみるのがいいだろう。


▲プレーヤーのライバルともいえるアリア・スチュアート。ゲーム中、様々なキャラクターとのコミュニケーションが物語の世界を深めてくれる。


▲機体の種類は、2足歩行のものから空を飛べるものまで様々。当然ながらプログラミングも独自のアルゴリズムを採用していく必要がある。


▲訓練機関が終わり、初めての実践に参加。まずは、戦況と作戦がプレーヤー達に知らされる。


▲どこにOKEを配置するかというのもかなり重要。ひとつ間違えると、戦闘の序盤ですべてのOKEを失ってしまうということもある。


▲OKEによる戦闘はアニメーションでリアルタイムに見ることができる。ただし、ここではプレーヤーは特に何もすることはできない。

(高島おしゃむ)

ゲーム概要

タイトル:ゼウス カルネージハートセカンド
メーカー:アートディンク
対応ハード:Windows 95/98
ジャンル:シミュレーション
発売日:1999年12月17日
価格:8800円(税別)

必要環境
CPU:Pentium 266MHz以上
メモリ:32MB以上
HD空き容量:50MB以上
CD:4倍速以上
ディスプレイ:640×480ドット、ハイカラー
サウンド:PCM音源

©1998,1999 ARTDINK.All Rights Reserved.

こちらは、ゲームが発売された当時に書いた記事に一部加筆・訂正を加えたものです。データ等は当時のままになっています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です