eスポーツイベント「RAGE」が運営をつとめる「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」の開催が決定!




CyberZ、 エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日が共催するeスポーツイベント「RAGE」は、 カプコンが主催する「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」の運営をおこなうと発表した。

(以下、プレスリリースより)

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」とは 

「ストリートファイターV アーケードエティション」を用いた3 on 3でおこなわれるトップレベルのプロプレイヤー(日本eスポーツ連合(JeSU)から発行される「ストリートファイターV」ジャパン・eスポーツプロライセンスを保有するプレイヤー)による全6チームによるリーグ戦です。 

2019年1月から3月に開催され、 好評を博した「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」のセカンドシーズンとなる今回は、 最強の一角を担うトッププレイヤーをリーダーとして、 このリーグに参加するために数々の試練を乗り越えた猛者たちが3人一組のチームを組み、 名誉や賞金をかけて争う日本最高峰のプロリーグ戦です。 

尚、 リーグ戦の結果優勝、 準優勝となったチームは北米で開催中の「ストリートファイターリーグ: Pro-US」の優勝、 準優勝チームと2019年12月に北米にて世界最強チーム決定戦をおこないます。 

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」概要 

リーグ名称:「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」
ゲームタイトル:「ストリートファイターV アーケードエディション」(株式会社カプコン)
リーグ運営:「RAGE」
配信プラットホーム:OPENREC.tv、 AbemaTV、 YouTube予定

各チームリーダー選手からのコメント 

・TOKIDO FLAME(トキドフレイム):ときど選手

「今回新たにキャラクターをBANするルールが加わったため、 チーム作りに今までにない戦略性を感じています。 どのリーダーが一体誰を選ぶのか、 自分もとても楽しみにしております。 」 

・MAGO SCARLET(マゴスカーレット):マゴ選手

「単純にキャラクターBANルールが楽しみですね。 このルールにより、 単純に万遍なく強い人を獲れば良いという事ではなくなりそうですし、 チームメンバー内での相性も必要になってきそうな気がしています。 前回のSFLでは3位になれたものの、 チームメンバーの活躍に助けられた部分が大きかったので、 今回はリーダーの自分自ら勝ち星を稼いでいきたいですね!」

  ・UMEHARA GOLD(ウメハラゴールド):ウメハラ選手

「こういった企画が無い限り、 個人競技の格闘ゲームですが、 若手と一緒になって一つの目標に向かえるというのはとても新鮮で楽しいです。 前回はあらたな若手選手の発掘につながりました。 今度はどんな選手が出てくるかも楽しみです。 」

・FUUDO GAIA(フ~ドガイア):ふ~ど選手

「配信を通して若手層を教えてきた経験を活かして、 チームをリードできたら良いなと思います。 優勝目指します!」

・ITAZAN OCEAN(イタザンオーシャン):板橋ザンギエフ選手

「今回キャラクターBANルールが特徴的ですが、 自分にとってはザンギエフとアビゲイルのダブルメインみたいなところがあるので、 個人的にはわりと”ドンと来い”の態勢で臨めそうですね 板ザンオーシャンさらなる連覇なるか…!?」

・NEMO AURORA(ネモオーロラ):ネモ選手

「今回は「キャラクターBAN」ルールが採用され、 いつもとは違った面白さが出て来ると思います。 どんなチームになるかまだわかりませんが、 ルールをうまく利用し優勝を目指します。 」

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」特別ルール「キャラクターBAN」 

今回は「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」のみ特別ルールとして「キャラクターBAN」を採用。 試合前にお互いのチームからBAN対象のキャラクターを1キャラずつ指定。 その試合中は相手チームがBAN対象に指定されたキャラクターを使用不可とするルールになります。 

「ルーキーズキャラバン 2019 東・西日本代表決定」 放送概要

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」へ至る道筋の一つとなっている、 全国6都市でおこなわれた『ストリートファイターV アーケードエディション「ルーキーズキャラバン2019」』の決勝大会「ルーキーズキャラバン 2019 東・西日本代表決定」を放送いたします。 

全国6都市で開催された各大会の上位3名の選手を地区大会代表チームとして、 本大会へと招待いたします。 本大会での成績上位2地区のチーム「ストリートファイターリーグ: Tryout / ドラフト会議2019 operated by RAGE」への出場権を獲得いたします。 

尚、 「ルーキーズキャラバン 2019 東・西日本代表決定戦」は特別協賛としてNTT東日本様よりご支援を頂いていております。 

番組タイトル:「ルーキーズキャラバン 2019 東・西日本代表決定」
視聴URL: https://www.openrec.tv/live/kdr7yge1grj
放送日:2019年9月10日(火)21:00~23:00予定
「ルーキーズキャラバン 2019」公式サイト: https://streetfighterleague.capcom-s.com/2019/rookies/
※各地方大会の配信アーカイブやレポート映像が無料で視聴できます。 

「ストリートファイターリーグ: Tryout / ドラフト会議2019 operated by RAGE」放送概要

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」への出場をかけた最終選考である「ストリートファイターリーグ: Tryout / ドラフト会議2019 operated by RAGE」を放送いたします。 
本大会は、 予選大会である「ルーキーズキャラバン 2019 東・西日本代表決定」【特別協賛NTT東日本】、 「ストリートファイターリーグ: Arcade」、 「ストリートファイターリーグ: College-JP」のいずれかの大会で上位の成績を収めたチームが出場権を獲得し、 「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」のリーダー選手6名がチームメンバーをドラフトで獲得します。 

番組タイトル:「ストリートファイターリーグ: Tryout / ドラフト会議2019 operated by RAGE」
視聴URL: https://www.openrec.tv/live/ykz0q47v2rw
放送日:2019年9月14日(土)21:00~23:00予定

■「ストリートファイターリーグ」公式サイト
URL: https://streetfighterleague.capcom-s.com/

ストリートファイターVについて   http://www.capcom.co.jp/sfv/ 

「ストリートファイター」シリーズは、 1987年に業務用ゲーム機として第1作目を発売後、 1991年発売の『ストリートファイターII』において大ヒットを記録しました。 革新的な対戦システムが話題を呼び、 家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計 4,300万本(2019年6月末日時点)の出荷を誇るなど、 対戦格闘ゲームというジャンルを確立し、 登場から 30年経た今なお世界中で人気を博しており、 eスポーツにおける格闘ゲーム分野を牽引するタイトルとなっています。 「ストリートファイター」シリーズ史上初の、 「PlayStation(R)4」ユーザーと PC ユーザーが対戦できる「クロスプラットフォーム」プレイの導入を実現しております。 
コピーライト:(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社カプコンについて   http://www.capcom.co.jp/

1983年の創業以来、 ゲームエンタ-テインメント分野において数多くのヒット商品を創出するリーディングカンパニー。 代表作として、 「バイオハザード」、 「ストリートファイター」、 「ロックマン」、 「モンスターハンター」、 「デビル メイ クライ」などのシリーズタイトルを保有しています。 
本社は大阪にあり、 米国、 イギリス、 ドイツ、 フランス、 香港および韓国に海外子会社があります。 

RAGEとは

RAGE(レイジ)とは、 次世代スポーツ競技「eスポーツ」に様々なエンターテイメント性を掛け合わせた、 株式会社CyberZ、 エイベックス・エンタテインメント株式会社と株式会社テレビ朝日の3社で協業し運営するeスポーツイベントおよび、 eスポーツリーグの総称です。 
現在RAGEでは、 主にオフラインで開催する一般参加型の「イベント」と、 プロ選手による競技をオンラインで配信する観戦型の「プロリーグ」、 2つのプロジェクトを実施しています。 「イベント」では、 複数のジャンルに渡るゲームタイトルが一堂に介し、 各タイトルの最強王者を決めるeスポーツ大会のほか、 会場限定の大会や新作タイトルの試遊会、 アーティストライヴなども実施しています。 賞金制で開催したeスポーツ大会はこれまで、 「ウイニングイレブン 2017」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、 「Shadowverse」(株式会社Cygames)、 「ストリートファイターV」(株式会社カプコン)、 「Vainglory」(Super EVill Megacorp社)計4タイトル(並びは五十音順)を採用しています。 また、 非賞金制の大会として「スプラトゥーン2」(任天堂株式会社)や「PUBG MOBILE(PUBG)」(PUBG株式会社)を採用したイベントも開催しています。 国内のトッププレイヤーたちが参加するeスポーツリーグでは、 「RAGE Shadowverse Pro League」と「RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM」などのリーグを運営しています。 
公式サイト:  https://rage-esports.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/eSports_RAGE
公式Facebook:      https://www.facebook.com/eSportsRAGE/
公式Instagram:      https://www.instagram.com/esports_rage/

ゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」

「OPENREC.tv」は、 ゲーム実況やオリジナル番組、 eスポーツ大会のライブ配信が楽しめる、 ゲームに特化した動画配信プラットフォームです。 
公式Twitter: https://twitter.com/OPENREC
WEB: https://www.openrec.tv/
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/openrec.tv-gemu-shi-kuang/id912776162
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cyber_z.openrecviewapp
Amazon Androidアプリストア: https://www.amazon.co.jp/dp/B01N0CMW5N/

CyberZについて   http://cyber-z.co.jp/

スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。 サンフランシスコ、 韓国、 台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。 当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、 2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、 Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、 Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されております。 また、 メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を運営しており、 2015年からeスポーツ大会「RAGE」を日本国内にて運営しております。 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA