N高等学校のまりも選手が「AESF e-Masters 成都 2020」のeスポーツ日本代表選手に選抜!




テレビ東京と電通が主催した、高校対抗の全国eスポーツ大会「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019」のリーグ・オブ・レジェンド部門初代優勝校 学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校のまりも選手(井上瑞貴)が、「AESF e-Masters 成都 2020」のeスポーツ日本代表選手に選抜された。

(以下、プレスリリースより)

STAGE:0優勝チーム(まりも選手右から3番目)

「AESF e-Masters 成都 2020」は、 アジアeスポーツの成長と可能性を発掘する国際競技会として新設された大会で、 リーグ・オブ・レジェンド部門の日本代表選手は、 日本代表選考委員会による公募・事前審査によって決定、 12 月 21 日に国際eスポーツ競技会「AESF e-Masters 成都 2020」日本代表選手選考大会(主催:一般社団法人日本 e スポーツ連合)にて発表されました。

まりも選手のコメント

「ただの高校生だった自分がまさか日本代表なんてものになれるとは思ってもみませんでした。いつも日本サーバーでしかやらないので、他の国の方と戦うのがすごく楽しみです。自分の持てる力を精一杯出しつつ、勝ちに行きたいと思います」

「AESF e-Masters 成都 2020」 決勝大会概要

・決勝大会日程:2020 年 2 月 28 日(金)~3 月 1 日(日)
・決勝大会会場:成都(中国)
・主催:アジア e スポーツ連盟(AESF/会長:ケニス・フォック)
・賞金総額:7500 万円以上(実施される4タイトルの賞金総額)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Shares