ハンドボール元日本代表主将・土井レミイ杏利選手がプロeスポーツチーム“FAV gaming”のブランドアンバサダーに就任

ハンドボール元日本代表主将・土井レミイ杏利選手がプロeスポーツチーム“FAV gaming”のブランドアンバサダーに就任

KADOKAWA Game Linkageは、自社で運営するプロゲーミングチーム“FAV gaming(ファブゲーミング)”のブランドアンバサダー及びメンタルアドバイザーに、ゼストがマネジメントを務めるハンドボール元日本代表主将(現:ジークスター東京)土井レミイ杏利選手が就任したと発表した。

(以下、プレスリリースより)

FAV gamingは、格闘ゲーム部門、VALORANT部門、レインボーシックス シージ部門を含む6部門を中心に活動し、複数部門での世界大会出場経験を持つ国内有数のトップチームです。土井選手が備えるアスリートとしてのプロフェッショナルな一面と、TikTokを中心に活動するユーモラスなキャラクターがFAV gamingの掲げるFun and Victory(楽しく、そして勝つ)と合致し、此度のブランドアンバサダー及びメンタルアドバイザー就任の運びとなりました。

昨今“eスポーツ”というワードが注目されるようになってきましたが、フィジカルスポーツと同じくeスポーツ競技シーンにおいても、選手の日々のメンタルコントロールの重要性が高まっております。FAV gamingでは、所属する選手のパフォーマンスが最大限発揮できるよう、第一線のアスリートとして活動する土井選手にFAV gaming所属選手へのメンタルアドバイザーとしてのサポートや、“プロ選手”としての立ち振る舞いをコーチングいただきます。

また、兼ねてより無類のゲーム好きである土井選手のゲーム実況に関するサポートをFAV gamingは担って参ります。記念すべき第一回のゲーム実況生放送は2022年3月下旬に予定しております。
(詳細は土井選手のSNSやFAV gamingの公式Twitterにて発表予定)
今後の土井選手とFAV gamingの活動にご期待ください。

<土井選手コメント>

チームスポーツという観点ではフィジカルスポーツもeスポーツも共通する部分はあると思っています。私はハンドボールという領域において世界で戦ってきた経験もあるので、メンタルコントロールのテクニックなどをアスリートからの目線でアドバイスし、FAV gamingに貢献をしていきたいと考えています。また、FAV gamingのブランドアンバサダーとして、まず自分自身がゲームを最大限に楽しむことが重要だと認識しています。

これまで私はハンドボールの認知向上のためにTikTokを通し、様々な層のユーザーに対してハンドボールの魅力を伝えられるような存在を目指して活動して参りました。次はゲームという領域でもFAV gamingや私を通して、ゲームの秘める可能性や魅力を伝えられるような存在を目指して活動していきたいと思っています。

そして何より、FAV gamingの新規ファン獲得に尽力し、これまで以上に新しい風を吹かせていきたいと思います。
宜しくお願い致します。

土井レミイ杏利選手について

フランス人の父と日本人の母の間に生まれ、小学3年生の時にハンドボールを始める。全国でも屈指の強豪校である浦和学院高校へ進学し、大学も全国トップの日本体育大学へ進む。その後、語学留学を目的にフランスへ渡り、2012年に1部リーグに属するシャンベリ・サヴォワ・ハンドボールのセカンドチームの練習に参加。同チームはわずか数カ月でトップチームへ昇格し、これを機にプロ契約を結ぶ。2014-15シーズン序盤からスターターに抜擢されると、驚異のシュート成功率75.61%を記録し、チームをリーグ4位、EHF カップ出場権獲得に導く。2017年2月にパリで開催された「ハンドスターゲーム2017」の外国人国籍選抜チームとして、日本人ハンドボール選手史上初の出場を果たす。その後、2019年シーズンまでの6シーズン、フランスで活躍。2019年7月より日本ハンドボールリーグに所属する『大崎電気OSAKI OSOL』にてプロ契約し2年間プレイ後、2021年5月に『ジークスター東京』へ移籍を発表。日本代表活動では、東京2020大会をもって、現役日本代表引退を表明する。
ハンドボール以外では、多彩な才能を発揮し、ダンス・楽器演奏・マインドフルネスなど様々な趣味を持つ。
さらに、ショートムービーアプリ『TikTok』では550万人を超えるフォロワーを持ち、TikTokクリエイターとしても注目を集めている。

株式会社ゼストについて

秋元 康氏が特別顧問を務めるKeyHolderグループにおける総合エンターテインメントカンパニー。名古屋を拠点に活動するアイドルグループ「SKE48」をはじめ、大阪発5人組ロックバンド「Novelbright」や、Janne Da Arcメンバーとして活動していた「you」・「kiyo」を中心に結成されたバンド「Nicori Light Tours」、乃木坂46の元メンバー「真洋(mahiro)」などのアーティストの他、女優・モデルとして活躍する「若月佑美」やAKB48のエース「小栗有以」、フリーアナウンサー「市野瀬瞳」らが所属。プロサッカー選手「遠藤航」のメディアマネジメントや、プロハンドボール選手で元日本代表主将の「土井レミイ杏利」、アルティメット選手「田村友絵」、SKE48と両軸で活動し新人賞受賞で注目される女子プロレスラー「荒井優希」などアスリートも所属しており、アーティストからスポーツ選手まで個性豊かなタレントのマネジメント事業を展開している。

FAV gaming(ファブゲーミング)について

“FAV gaming”は、KADOKAWA Game Linkageがプロデュースするゲーミングチームです。現在、「格闘ゲーム部門」、「VALORANT部門」、「レインボーシックス シージ部門」をはじめ、全6部門を設置しています。
名称は、チームスローガンであるFun and Victory(楽しんで勝つ)の頭文字から採用しました。プレイ、行動を通じて、すべての世代に愛され、ファンを幸せにするチームを目標にしています。
公式サイト: https://www.favgaming.com/
公式Twitter: https://twitter.com/fav_gaming
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/FAVgaming

株式会社KADOKAWA Game Linkage(カドカワ ゲーム リンケージ)について

株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほか、グッズ制作やイベント企画・運営、eスポーツマネジメントなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。
公式サイト: https://kadokawagamelinkage.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA